営業時間:平日9:00~17:00

プログラミング

「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」を読んでみた

saori
「スラスラ読めるpythonふりがなプログラミング」を読んでみた

中学生になったとき、英語という教科が加わりました。英語を覚えるために、英語の上にカタカナで読み方をふって覚えた人はたくさんいるはずです。英文を読むときも単語の上に意味を書いた覚えがある人もいるのではないでしょうか。

初めて学習する言語では、意味やふりがなをふって覚えるととても分かりやすくなりますよね。Pythonを学習するときも同じように学習してみると分かりやすいのかと、この「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」を読んでみました。

「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」

2018年6月21日に株式会社ビープラウド監修のもと、リブロワークスさん著書にて発行された本が、「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」です。検索してみると、Amazonや、楽天ブックスでのレビュー数は少なかったですが、評価はまあまあ高い方でした。

2018年に発行されたということもあり、結構最近の本なので、内容としても申し分ないです。ただ、Pythonのインストールの説明のところで、実際にやってみるとエラーが出た人もいるそうなので、バージョンなどに注意が必要です。

さて、「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」を読んだ感想を簡潔に言うとしたら、「初心者にとてもやさしい本である」ということです。「初めてPythonに触れるのであれば、この本を1番目に読むといいのでは」とも思いました。それほど分かりやすく、読む時間もほとんどかからず頭に入ってきやすいので、本のタイトル通り、「スラスラ」読めました。

Python初心者にやさしい!

初心者にやさしい理由として、以下の理由が挙げられます。

  • 全ページカラー
  • 読みやすい文字の大きさ・行間
  • プログラミングの内容がイメージしやすいような図やイラスト付き
  • コードすべてにふりがながふってある
  • ふりがなをもっと読みやすくした読み下し文
  • エラーコードにもふりがな
  • 各チャプターの最後に復習問題

全ページカラー

この本は全ページカラーで書かれています。文字は黒、重要な部分は水色の文字に黄色のアンダーライン、コードは赤い背景に黒文字など、遠くから見ても分かるぐらい色分けをしています。

読みやすい文字の大きさ・行間

本の大きさは約21㎝(縦)×約15㎝(横)と、他の入門書と比べても同じ大きさです。しかし、中の文字を比べると「Pythonふりがなプログラミング」の方がとても大きいです。また、行間も適度にとっているため読みやすくなっています。

コードの部分はやや大きすぎかとは思いますが…

プログラミングの内容がイメージしやすいような図やイラスト付き

初めてプログラミングに触れる人にとっては、今、何を行おうとしているのか、条件分岐のしくみなど分からないことが多いです。しかし、この本では分かりやすいように図で表したり、イラストで表現しているため、初心者でもイメージしやすいようになっています。

コードすべてにふりがながふってある

タイトルにもあるように、コードにはすべて何をするのかふりがながふってあります。少し「んっ?」と思うふりがなもありますが、そもそもPythonはコンピュータのための言語なので、ふりがなをふるのが難しく、「このメソッドはこういう意味なので、このふりがなにしています」と理由も書いてくれていますので、そういうものだと思って読みました。

ふりがなをもっと読みやすくした読み下し文

英語と同じで、コードの上に意味を書いただけでは分からないことがあります。それを日本語の文章として分かるように、並び替えたのが読み下し文です。ふりがなよりも、コードが行う動作を分かりやすく表現しています。

エラーコードにもふりがな

エラーが出てきても、全部英語やプログラミン用語で困ることがありますよね。「ふりがなpythonプログラミン」では、様々なエラーコードに対してふりがなと読み下し文を載せてくれています。これで、エラーに対する免疫が少しつきました。

各チャプターの最後に復習問題

チャプターの理解度を図るため、チャプターごとに復習ドリルが設けられています。これを自分で解くことができれば、理解したといえるでしょう。もし分からなければ、もう1度チャプターを読み直すことで理解を深めることができます。

まとめ

Python初心者向けに本当にやさしい本だと思いませんか。

もし、Pythonの他の入門書を読んでもいまいち分からないという方がいれば、この本を手に取ってみるのもいいかもしれません。

この本で大体の意味を把握してから他の入門書を読むことで、Pythonをより深く知ることができるかもしれませんね。

あなたにオススメの記事

5月17日は世界電気通信および世界情報社会の日

平成の携帯電話の歴史まとめ(〜1999年まで)

Apple公式or民間?MacBookが故障した時の修理サービス

iPad9.7インチでエクセルを使ってみた感想

Python入門:文字列を出力してみよう(Windows10版)

Windows一筋34年のリーマンが初めてMacBookを使った感想

板橋区エコポリスセンターでのイベント

板橋区エコポリスセンターでのイベント

6月4日はNTTがマイクロ波を用いた中継回線を終了した日

6月4日はNTTがマイクロ波を用いた中継回線を終了した日

4月22日はAPS(アドバンストフォトシステム)が発売された日

6月14日発売予定キングダムのウェアラブルペン「INF10(インフォ)」

6月14日発売予定キングダムのウェアラブルペン「INF10(インフォ)」

Python基礎編:for文を使っておみくじを作ろう

Python基礎編:for文を使っておみくじを作ろう

沖縄出張中に綺麗なグラスと素敵な女性に出会ったお話

Macユーザーの会計ソフトの選び方

Python基礎編:for文でループ(繰り返し)処理

Python基礎編:for文でループ(繰り返し)処理

銀座ソニーパークの「WALKMAN IN THE PARK」

銀座ソニーパークの「WALKMAN IN THE PARK」

SPONSOR