営業時間:平日9:00~17:00

してみた

iPad9.7インチでエクセルを使ってみた感想

がやさん

第六世代のiPad9.7インチでエクセルを使ってみた感想について書いていきたいと思います。

エクセルの見え方

普段エクセルを使うときはデスクトップ又は12インチ以上のノートパソコンで操作をしていたため、9.7インチのエクセルを利用したときは正直見づらいなと感じました。

文字を大きくすればいいのでしょうけど、大きくした場合は閲覧できる箇所が狭くなってしまいます。

画面のスクロールをたくさんしなくてはならないようなシートの場合はノートパソコンやデスクトップで操作した方が生産性の点では良いと思います。

iPadでは画面が小さすぎるという方は、数式バーや見出しを非表示にすることで多少は改善することができます。

関数

iPadで利用するエクセルでも関数は問題なく利用することができました。

ただし、iPadで利用するエクセルではマクロやピボットは使えないみたいです。

キーボード

iPadでエクセルを使いこなしたい人は外部のキーボードを利用した方が良いと思います。

iPadのデフォルトのキーボードであるオンスクリーンキーボードを利用する場合、画面の半分がキーボード画面になってしまうため、よりエクセルの見える範囲が狭くなりエクセル操作がしづらくなります。

OneDriveとの連携

iPadのエクセルでもOneDriveに共通のアカウントでログインすることで、データの共有をすることができます。

複数のデバイスでエクセルを共有する場合はOneDriveを活用すると非常に便利です。

アップルペンシルでの操作

iPadのエクセルではアップルペンシルで描画をすることができます。

エクセルに普通にメモ書きするような感覚で描画することができるため、マウスで描画するより滑らかに描画することができました。

また描画モードがオフの状態ではセルの選択やスクロールをすることができるので、キーボード操作と併せアップルペンシルを使いこなすことがエクセルの生産性を上げるポイントになります。

2画面表示

iPadではSplit View機能により2画面表示をすることができます。

少し画面が狭くなりますが、PDFやワードを並列で表示しながらエクセル操作が出来るので便利です。

iPad版のエクセル

iPad版のエクセルはAppStoreよりダウンロードすることができます。

画面サイズが10.1インチ以下の場合はofficeを無料で利用することができるので、iPad9.7インチの場合は商用で利用する場合を除き無料でエクセル操作することができます。

iPad Pro等画面サイズが10.1インチ以上の場合は有料版のofficeを契約して利用しましょう。

さいごに

iPad9.7インチでエクセルを利用する場合、ノートパソコンやデスクトップでの操作になれていると最初は画面の小ささに苦慮すると思いますが、無料で利用できることを考えるとコスパはかなりいいと思います。

画面の小ささも使っていくうちに慣れていくと思います。

バリバリ仕事でエクセルを使う方にはiPadでエクセルを操作するのはオススメしませんが、軽いエクセル操作くらいであればiPad版のエクセルは十分対応することができるため、気軽に使ってみましょう!

あなたにオススメの記事

プログラミングを始める人に進めるのは本による学習

プログラミングを始める人に進めるのは本による学習

Python基礎編:リストの書き方とルール、出力→追加→削除

東京で出くわしてビックリした人たち(たぶん一般人)

東京で出くわしてビックリした人たち(たぶん一般人)

7月4日は日本初の火星探査機「のぞみ」が打ち上げられた日

7月4日は日本初の火星探査機「のぞみ」が打ち上げられた日

6月29日は初代iPhoneがアメリカで発売された日

6月29日は初代iPhoneがアメリカで発売された日

6月13日は日本でフィッシング詐欺が初摘発された日

6月13日は日本でフィッシング詐欺が初摘発された日

5月17日は世界電気通信および世界情報社会の日

アップルウォッチは集中力を高めたり維持する効果がある

沖縄出張中に貝殻に絵画を描いている夫婦に出会ったお話

9月17日はモノレール開業記念日

9月17日はモノレール開業記念日

阿佐ヶ谷七夕祭り 出店・イベント編

阿佐ヶ谷七夕祭り【出店・イベント編】

4月24日はアップルウォッチが発売された日

第2回ふるさと大収穫祭お酒とおつまみフェスティバルin日比谷

第2回ふるさと大収穫祭お酒とおつまみフェスティバルin日比谷

令和元年にオススメの【カニ通販店】探しました

令和元年にオススメの【カニ通販店】探しました

近年よく聞くAIとは何でしょうか

SPONSOR